前へ
次へ

営業求人と転職について

昨今は十分利益をあげている企業でさえ、早期退職制度を活用した人員の見直しをしているところがあります。
これからの市場環境が不透明なため、企業体力があるうちに収益性を高めようとした動きになっています。
しかし会社の原動力である営業部門は必要不可欠な存在であり、さらに営業力を強化していくため、営業求人をおこない転職したい人たちにアプローチしていくことが必要です。
この営業求人をおこなううえで、あまりに低い給与では転職者層の心に響かず、能力のある人材を逃してしまうことになりかねません。
また給与面だけではなく、年間の休日日数や福利厚生の充実度、さらには残業時間の程度や禁煙かどうかの職場環境といった細かな部分までチェックされています。
これは転職後、長くその企業で過ごすため細部までチェックされて当然と言えます。
従来まで会社は株主のものだという経営者が見受けられましたが、現在は社員を大切にしない企業は受け入れられないようになっています。
社員が働いてこそ、その企業が存続できるのです。
営業求人をする場合、社員第一という観点をもって募集することも重要です。

Page Top